好きなことで収入を得るために必要なこと

こんにちは、橋本絢子です。

新型コロナウイルスの影響で連日、多くの方から在宅で収入を得る方法についてご質問いただいております。

そのご質問の多くが「自分に合う在宅ワークを知りたい」というものです。

私はもともと自分のやりたいこと、得意なことや苦手なことが自分ではっきり分かっていたため、「自分が何をしたいか分からない」といった悩みを抱えたことがありませんでした。

また、やりたいと思ったことに関して「自分にできるのだろうか?」と悩んだこともないので、正直、以前は「自分自身の望むことが分からない方はどうすればいいのだろう?」と悩んでいました。

やりたいことはできること

 

多くの方々と接して感じるのは、楽して収入を得る方法を探すよりも、「このためだったら苦労できる」という道を探した方が、結果的には早く収入につながりやすいということです。

私は文章を読んだり書いたりすることが大好きです。

プロライターの仕事をする上で、締め切りに追われて3日間徹夜をしたり、体調を薬でコントロールしていたり、過労で数ヶ月寝たきり状態になったりしたことがありました。

それでも数をこなしてみて思うのは「やっぱりこの仕事が好き」なのです。

壁にぶち当たったり苦労をすれば、その都度、検証をして、同じようなことを起こさない方法を考えれば、同じ苦労は繰り返さなくて済みます。

そうなると、好きな仕事がどんどん楽な仕事になって、いずれ、その仕事で息をするように収入を得ることができるようになります。

しかし最近は、昔に比べて、なるべく苦労をしたくないという人が多いです。

「頑張らなくてもうまくいく」のようなコピーを書けばセミナー集客はしやすくなります。

「頑張らなくてもうまくいく」に当てはまる人は、今まで最大限に頑張ってきた人です。

頑張り方を十分に分かっている人は、力の抜き方を覚えることで、よりエネルギーを効率的に使えるようになります。

一方で、「頑張らなくてもうまくいく」というコピーは、どちらかというともともとあまり頑張ってこなかった人。自分に甘い人、怠け癖のある人に響くようです。

なるべく楽をしたい人は、コツコツとした努力を避けたがるので、学んだことを実践してもなかなか結果を出すことができません。

これが、講座で学んでも結果が出ない原因です。

私は、自分のセミナーで「頑張らなくてもうまくいく」と謳うことはほとんどありません。

「今までとは違う方向性での日々の努力や勉強が必要です」とお伝えすることが多いです。

そうなると、結果的に「今まで頑張ってきた人」が集まります。

頑張ってきた人は、努力が当たり前なので私がお伝えしたことをそのまま素直に実践します。

そうすれば、1年、2年と経つごとに、飛躍的な結果を出して大幅に収入もアップしています。

自分は頑張ってきた方なのか?
頑張ってこなかった方なのか?

頑張ってきた人は、効率的な力の抜き方を覚えること。

頑張ってこなかった人は、努力の習慣をつけること。

これを意識するだけで、人生は劇的に変化するでしょう。

 

 

具体的にはどのような手法で在宅ワークで収入を増やしていけるのか?

より具体的なノウハウはオンラインサロン「アヤコミュニティ 在宅ワーク研究所」でノウハウをお届けさせていただきます。自分に合った方法を知りたい方はチェックしてみてください。

日々音声ラジオを配信し、サロン会員様限定の高額報酬案件もご紹介させていただいております。お気軽にご参加くださいませ!