やりたいことはできること

こんにちは、橋本絢子です。

在宅起業して収入を増やし、安定させるためには、スキルや資格以前に、メンタルやマインドの大切さを私はいつもお伝えしています。

毎月決まったお給料が入ってくる会社員とは違い、起業の世界は、何もしなければ収入ゼロになります。

収入を増やしていくために、モチベーションを維持させる工夫が常に必要になるでしょう。

現在、いろいろな方のご相談に乗っていく中で、私自身が当たり前だと思っていたことが、当たり前ではないと気づくこともしばしばあります。

そのうちの1つが

「他人ができていることで、自分がやりたいことは、自分にも必ずできること」

私はこれが当たり前だと思っていました。

自分がやりたいと思うことが他の人にできているなら、自分にもできて当たり前。なぜなら、同じ人間だから。

もしやりたいことが出来ないなら、極端かもしれないけど、自分はこの世界から消えた方がマシ。今もそのぐらいに思っています。

逆に、自分がやりたいこと思わないことは、他人にできていて自分にできなくても、気にしていません。

「やりたい」と思う感情が出てくる時点で、可能性を感じているから、できている他人を羨ましいなと思うのです。

最近では世界の情報を収集するために海外の文献も読んでいます。

読んだ本をSNSで取り上げてお勧めすることもあります。

すると「読んでみたいけど英語なので無理です」といったコメントをいただくことがあります。

英語は同じ人間が喋っている言語なので覚えようと思えば覚えられるはず・・・・と思っていたので驚きました。

という私も海外に住んだ経験はなく、英語はあまり喋れません。

しかし、読みたい洋書があれば読み、海外のニュースから日々、情報収集しています。

Google翻訳を使えばある程度、意味は分かりますし、Google Chromeのブラウザを使えば自動翻訳機能もあります。Kindleにも翻訳機能があります。

今はそういった便利なツールに溢れているのに、英語が苦手だから読みたい本も読めない、というのは勿体ないことです。

他人ができていることは、自分にもできるはずと思えば、どうにかしてできる方法をリサーチするでしょう。

口では「やりたい」と言っていても実際に行動に移せていない人は、本当は大してやりたくないのだと思います。

もしくは自分の人生を自分で主体的に計画して決断することを放棄し、他人に責任を委ねて受け身になっているのかもしれません。

他人に責任を委ねてしまえば、思い通りにならないことがあっても、他人のせいにできるので楽なのです。

しかし、このような思考回路でいる限り、起業して収入を得るのは難しいでしょう。

自分は何をしたいのか?
それはどうすればできるのか?

本当に自分が望む人生から逃げずに、できない理由を並べるのではなく、できる方法を探す習慣をつけること。

それだけで、人生を劇的に変化させることができるはずです。

 

このような内容をメルマガで配信しています。上記は抜粋ですが、ブログでは書けない内容もありますので、読んでみたい方はメルマガに登録して読んでみてください。

メルマガへのご登録はこちら