起きている問題は、自分の本当の望みを教えてくれるギフト

こんにちは、橋本絢子です。

自分自身に何か問題が起きているとき
解決策を考えることは大事ですが

そもそもなぜ、その問題が起きているのか

根本原因を深く考えてみると良いと思います。

なぜなら

 

目の前の問題には、必ず意味があるから。

 

問題を解決することばかりを考えていても
対処療法でしかなく
再発の可能性がありますが

根本原因に目を向けることで
問題そのものが起こらないようになります。

 

 

たとえば健康問題。

薬でコントロールすることは対処療法ですが
根本原因となっている食生活やストレス
生活習慣を見直すことで
体質改善ができるでしょう。

病気の場合、
そもそもなぜ病気になっているのか。
なぜ症状が出ているのか。
症状を出すメリットは何なのか。

ということにも目を向けられると
良いかもしれません。

症状を出すことで
周りの人がいたわってくれたり
心配してくれたり
罪悪感なく休むことができるのであれば
それがメリットになります。

私の場合、
休むことへの罪悪感が強かったので
病気にならないと休むことができませんでした。

健康な状態でも休むことを
自分に許してからは
病気にならなくなりました。

今でも、体調が思わしくないときは
「体調不良になる自分のメリットは何だろう?」
を考えるようにしています。

体調不良になっているときは
自分本来の居場所からずれた居場所にいるとき

だと思っているので
居場所を見直すことにしています。

 

 

金銭問題にも、明確な意味があります。

自分がお金の苦労をすることで
周囲が助けてくれたり
周りの人とコミュニケーションが取れるのであれば
お金の苦労=コミュニケーション手段になっています。

 

お金の問題がきっかけとなり
都心でバリバリ稼ぐよりも
田舎でのんびり暮らすライフスタイルの方が
合っていたことに気づく人もいるでしょう。

 

 

パートナーシップの問題も
たとえば旦那のDVやモラハラは
「経済的に自立して自分の足で立ち、
自分らしく自由に生きたい」
という潜在欲求の現れかもしれません。

 

いずれにしても、問題が起こっているときは

「この問題は自分に何のメリットがあるのか?」
「この問題が起こることで気づく、自分の本当の望みは何なのか?」
「この問題は、自分に何を教えてくれているのか」

といったことに向き合ってみると

長い人生を考えたとき
問題がギフトになっていることに気づきます。

起きている問題が、自分らしい人生を生きるための道しるべになっている。

 

そう考えてみると、必要以上に焦燥したり感情的になったり悩んだりせず、建設的に解決していけるようになるでしょう。

 

起きている問題は、自分の本当の望みに気づく、ギフトなのですよ。

 

 

告知用バナー2

 

 

私にLINEで質問してみませんか?

キャリア、起業、収入、生き方、パートナーシップのご相談を受け付けています。
いただいたご質問はブログでご紹介させていただきます。

パソコンの方は
こちらのQRコードを読み取っていただければ
お友達に追加できます。

line@gr

スマホの方は以下のアイコンをクリックして
お友達に追加してくださいね。

LINE_icon02