後悔のない人生を送るために必要な3つの質問

こんにちは、橋本絢子です。

最近、身近な人や知り合いが病気になったり入院したりすることが続いています。

たとえ健康に気をつけていても、いつどうなるかは分からないと感じます。

自分の人生がいつ終わるかは誰にも分かりません。

つい最近まで元気だった人が急に病に倒れるのを目の当たりにしているうちに、「他人のために自分の命を犠牲にしたくない」と強く思うようになりました。

今の私は人一倍、好きなことをして自由に生きています。

自分の「好き」に気づくまでには葛藤の連続でした。

しかしある3つの質問に答えることで「なりたい自分」が明確になりました。

自分の好きなことを見つけて、毎日を最大限に楽しみながら自由に生きられるようになるための3つの質問は以下になります。

【1】人生の大半をどんな感情で過ごしたいか?
【2】もしも明日死ぬとしたら何を後悔するか?
【3】1ヶ月後に死ぬとしたら今から何をしたいか? 

この3つの質問に答えてみてください。

 

1ヶ月後に死ぬ場合にしておきたいことは、今すぐ取りかかった方が良いです。

「お金がないから」「時間がないから」は、やらない言い訳にはなりません。

ほしいものがあるなら、具体的な金額を1円単位まで調べます。

その金額を引き寄せるには、どうすれば良いかを徹底的にリサーチしたり考えます。

車がほしいなら、試乗しに行くなどして、実際に手に入れたときの感情を味わいます。

もっと大きな金額を引き寄せたい場合も、どうすればそれが叶うかを考えるのが、ゲームのようで楽しいです。

 

以上は2017年6月に配信したメルマガからの抜粋です。

あれから5年が経ち、おかげさまで私は今、「自然の豊かな場所に住んで、海辺で潮風を感じながら過ごす」という夢を叶えることができました。

今は好きな時に海や山でキャンプをすることもできます。

自然を存分に感じながら生きること、それが私が地球に生まれ、日本に生まれてきた意味を実現することになると感じています。

浜辺に寝そべって、波の音を聴きながら星空を眺めていたら、自分は壮大な宇宙の一素粒子に過ぎない存在だと気づきました。

今この瞬間も地球上には多くの命が生まれ、そして息絶えています。

自分というちっぽけな存在は、この命をどのように使うことができるのか。

人類によって破壊されつつある美しい地球を守るために、わずかながらでも貢献ができればと、今はそのように思っています。

 

オンラインサロン「アヤコミュニティ 在宅ワーク研究所」では日々、音声ノウハウやコラムを配信中。毎日読書をしている私がさまざまな書籍から学んだ、人生に役立つエッセンスもお届けしています。

WordPressやYouTubeなどのメディア作りにおいて、マンツーマンでのサポートを受けたい方は、収益メディア構築サポートコースへお申し込みくださいませ。

 

 

橋本絢子株式会社ジュビリー 代表取締役
プロライター歴約20年、在宅で経済的自由を得る方法を発信しています。 2009年4月に株式会社ジュビリーを設立。企業のメディア構築、プロモーション、セールスレターコンテンツ記事制作などの案件に携わる。 講座やセッションの受講者数は500名以上。「女性の経済的自立」をミッションに、自由な働き方を啓蒙している。 現在はメディア運営・法人・個人コンサル、プロモーションサポートを行いながら、田舎でスローライフを送っている。