起業に顔出しは必要なのか?顔出しをした方が良いケースとしなくても良いケース

こんにちは、橋本絢子です。

「起業するならネットに顔を出さないといけませんか?」
「本名は出す必要がありますか?」

とご質問いただくことがあります。

これに関しては、ケースバイケースです。

結論からお伝えすると、お顔も本名も出さなくとも、在宅で月5万円以上の収入を得ることは可能です。

たとえばYoutube、私は顔も本名も出していますが、純粋に広告収益だけを得るなら、顔を出さなかった方がもっと早くから収益を上げられたかもしれないと感じています。

特に男性視聴者さんは、全てが見えている女性よりも、全てが見えていない女性にミステリアスな魅力を感じる傾向があり、顔出しをしていない女性やマスク姿の女性の日常動画は多くの男性視聴者に再生されます。

それによって、全体の再生回数が早くから増えやすいといった傾向があります。

ブログやInstagram、ツイッターなどでも、顔出しをしていない人が、イラストや動物のアイコンで多くのファンを集めています。

顔を出さないことで、本音の言葉を発信しやすいといったメリットもあります。

一方で顔出しをした方が良いケースとはどんなケースなのか?

それは、主に法人取引をしたい時です。

企業の仕事を請け負うライターやプログラマなどは、顔や本名を出していた方が信頼されやすく、また、一回あたりの取引金額も大きくなりやすいです。

起業初心者さんにとって、法人取引はハードルが高く感じられるかもしれません。

しかし、潤沢な予算のある法人企業に気に入っていただければ、安定収入になりやすいです。

法人取引と個人取引、広告配信業や物販など、仕事内容によって、自分の名前を使い分けるのも良いでしょう。

  • 自分は起業を通じてどうなりたいのか?
  • どのような形で収入を増やしたいのか?

といったことを最初にイメージした上で、どのような戦略を取るべきかを考えることをおすすめします。

こちらの記事もあわせてご覧ください。

フリーランス起業するにあたっての本名顔出しのメリットとリスク・発信者の心がまえ

 

在宅ワークについて学び、より自由な人生を手に入れたい方は、オンラインサロン「アヤコミュニティ」でサポートさせていただきます。ただいま、ほぼ毎日音声でノウハウを配信中です。

 

WordPressやYouTubeなどのメディア作りにおいて、マンツーマンでのサポートを受けたい方は、収益メディア構築サポートコースへお申し込みくださいませ。