突き抜けた結果を出す人に共通する法則

こんにちは、橋本絢子です。

テレビや雑誌などメディアで有名になる人、大企業からご指名が来る売れっ子ライターになる人など、短期間で突き抜けた成果を出す人には共通する法則があります。

多くの人ができていないことですが、あることを意識するだけで、他の人よりも突き抜けることができます。

突き抜けた結果を出している人に共通する点は「自分で大量行動している」ことです。

たとえば有名YouTuberのヒカキンさん。

動画の編集作業はスタッフに任せているのだろうと思っていました。

が、基本的にはご本人が編集しているそうです。

毎日の睡眠時間は2時間程度とのこと。

年収数億になっても地道な動画の編集作業をご本人が行なっていることに感銘を受けました。

私はこれまで日本一のマーケッターと呼ばれる方、年収数億円経営者など、コピーライティングやアフィリエイト、Webマーケティング分野で日本屈指の方々と一緒にお仕事をさせていただきました。

トップレベルの人に共通する点は、自分でなくてもできることは他人に任せるけど、自分がやった方がいいコアな部分は自分で大量に行なっている点です。

突き抜けたコピーライティングスキルを持つ方は、セールスレターやメルマガなど、ご自身で大量に文章を書いています。

私のコンサルやプロデュースを受けられた方も、自分でコンスタントにブログやメルマガ記事を書いている人は、ブログやメルマガからの売上アップが早いです。

 

私はコピーライターになりたての頃、先輩から「コピーは足で書け、恥もかけ」と教わりました。

読者さんの琴線に触れる文章を書くために書店や図書館でリサーチしたり、現場へ足を運んだり直接人に会って取材をしたり意見を聞いたり・・・といった一時情報を仕入れるための行動が、足で書くことです。

恥をかけ、は、失敗を恐れずに挑戦をすること。

無難にまとまったコピーは、読者さんの心には突き刺さりません。

クライアントに叱られる覚悟で読者さんの心に突き刺さるコピーを書く、自分のキャパシティを超えた挑戦が、自分のスキルを格段に向上させるでしょう。

 

「なるべく早く、簡単に稼げるようになりたい」と思う方は多いです。

しかし、近道を探して行動できていないうちは、かえって結果が出るまで遠回りになってしまいます。

近道を探すよりも、「これだったら苦労も乗り越えられる」と思えるぐらい好きになれることを見つけて大量行動を取ったほうが、結果的には近道です。

私は本を読んだり文章を書いたりすることが大好きです。

今は大好きなことを極めるべく、日々の時間をなるべく本を読むことと文章を書くことに使うようにしています。

大好きなことで生きていけたらこの人生に後悔はありません。

人生の時間には限りがあります。

ライフワークでいち早く結果を出したい方は、

  • 自分でなくてもできる仕事は他人に任せる
  • 自分にしかできないコアな仕事は自分で大量に行う

以上を意識してみてください。

 

オンラインサロン「アヤコミュニティ 在宅ワーク研究所」では日々、音声ノウハウやコラムを配信中。毎日読書をしている私がさまざまな書籍から学んだ、人生に役立つエッセンスもお届けしています。

WordPressやYouTubeなどのメディア作りにおいて、マンツーマンでのサポートを受けたい方は、収益メディア構築サポートコースへお申し込みくださいませ。

 

橋本絢子株式会社ジュビリー 代表取締役
プロライター歴約20年、在宅で経済的自由を得る方法を発信しています。 2009年4月に株式会社ジュビリーを設立。企業のメディア構築、プロモーション、セールスレターコンテンツ記事制作などの案件に携わる。 講座やセッションの受講者数は500名以上。「女性の経済的自立」をミッションに、自由な働き方を啓蒙している。 現在はメディア運営・法人・個人コンサル、プロモーションサポートを行いながら、田舎でスローライフを送っている。