老後破産しないために準備しておくべきこと

こんにちは、橋本絢子です。

今日は「老後破産しないために準備しておくべきこと」というテーマでお伝えします。

円安、物価高が進む今の日本。

高齢者世帯の家計の赤字は10年で2倍になっており、老後破産する人が増えているデータがあります。

年金制度は今後、間違いなく破綻します。

起業をしてもしていなくても、老後に向けて資産を作っておくことは必須と言えます。

たとえ自分が寝たきりになっても、生きていくお金に困らないようにしておくには、今からどんな準備が必要なのか?

私が大切だと思うことを5つお伝えします。

放ったらかしでも収益が増えていく仕組みを作る

一度作っておいて運用すれば収益の増える仕組みを今から作っておくことをおすすめします。

投資や資産運用にはいろいろな種類がありますが、できればローリスクで始められ、なるべく損をしない仕組みをおすすめします。

また、アフィリエイトを取り入れた収益メディアを運用したり、不動産投資を通じて安定収入を得る方法もあります。

自分には何が合っているのかを知るために、常にリサーチすることをお勧めします。

ゼロからでも収入を得られるよう手に職をつけておく

もしもある日、貯金や資産がゼロになっても、ゼロから再起できるための手に職を身につけておくことをお勧めします。

私は元手資金ゼロからでも始められる仕事、フリーライターとして独立しました。物販や事務代行、動画制作など、ゼロからいち早くキャッシュを得られる仕事を持っていると、何かあった時も安心です。

どんな人にどんな在宅ワークが合っているかは、私の著書にも書かせていただきましたので、よろしければ読んでみてください。

自分のメディアを構築しリスト(フォロワー)を増やしておく

自分のブログやSNSを持ち、日頃から情報発信をしておくことで、そのメディアがセーフティーネットの役割も果たします。

以前私は大阪出張中に財布やキャッシュカードを盗まれ、朝の時点で、手持ちの現金が500円のままセミナー会場へ移動しないといけなくなりました。

地元でもなければ住んだこともない大阪です。

さすがにピンチだと思ってFacebookでヘルプを出したところ、関西在住のお友達や受講生さんがセミナー会場まで駆けつけてくれて助けてくれました。あのとき助けてくれた皆さまに感謝です。

複数のコミュニティに所属してお友達を作る

大阪での財布紛失事件から「人」の大切さに気づくことができました。

人と人とは支え合って生きています。お金以上に大切なのが人です。

日本にはお金をさほど必要としなくとも、人との支え合いのコミュニティで生きていける地域が存在するそうです。

職場と家族以外に複数のコミュニティで仲間を作ること。

そして仲間に依存するばかりではなく自分から価値を与え続けること。

それが本当の意味での、人生への投資になります。

お金に関する正しい知識を学んでおく

税金の仕組みや、将来、親の介護に必要になるかもしれない介護に関わるお金の実態、保険についてなど、お金に関する知識を今から身につけておくことで、お金を得るだけでなく、守る力も持つことができます。

収入が多かったからといって手元に残るお金も多いとは限りません。

特にこれから起業を目指す方、自分で会社を立ち上げたい方は、正しい税知識を身につけることで、大切な自分の財産を守ることができます。

なお、長期的に資産を守って増やす投資について勉強したい方は、私も学ばせていただいているこちらのセミナーがお勧めです。

以上になります。

【1】放ったらかしでも収益が増えていく仕組みを作る
【2】ゼロからでも収入を得られるよう手に職をつけておく
【3】自分のメディアを構築しリストを増やしておく
【4】複数のコミュニティに所属してお友達を作る
【5】お金に関する正しい知識を学んでおく

この5つを「老後破産しないために準備しておくべきこと」としてぜひ意識してみてください。

 

オンラインサロン「アヤコミュニティ 在宅ワーク研究所」で日々、音声ノウハウやコラムを配信中。毎日読書をしている私がさまざまな書籍から学んだ、人生に役立つエッセンスもお届けしています。

WordPressやYouTubeなどのメディア作りにおいて、マンツーマンでのサポートを受けたい方は、収益メディア構築サポートコースへお申し込みくださいませ。