ファンが増える人・増えない人

こんにちは、橋本絢子です。

今日はファンを増やして自分のセミナーやセッションを売れる人・売れない人の違いをお伝えします。

メルマガやLINEの読者・フォロワーを集めて、自分のセミナーやセッションを売れる人と、そうでない人には、根本的なマインドの違いがあります。

ファンや見込み客を増やして収益化できるかどうかは集客テクニックだけの問題ではありません。

・ファンを増やして売れる人
・ファンを増やしても売れない人
・ファンすら増えない人 

それぞれにどんなマインドの違いがあるのか?

結果が出る人、出ない人を客観的に見て分析してみた結果、大きな違いはセルフイメージにあることが分かりました。

成功している人は

・他人の目を気にしない
・自分と他人との差異から成功要因を見出している
・空気を読みつつ空気を変えていける
・周囲を巻き込んでリードしている

といった要素が共通しています。

一方、なかなかファンが増えない人、ファンを集めてもお申し込みに至りにくい人に多い傾向としては

・他人の目を気にしている
・批判や嫌われることを恐れている
・自己肯定感が低く自信がない

といった点が見受けられます。

ベースとなるセルフイメージが整っていないのに、テクニックだけを身につけようとしても、順番が逆です。

まずはセルフイメージです。

たとえ自信がない状態であっても、コンスタントに発信していれば、テクニックは後からついてきます。

多くの日本人はビジネスを行うにあたり「まずは勉強しないと」「まずはスキルやテクニックを学ばないと」といった思考になりがちです。

業種によっては事前の勉強をした方が良いケースもあります。

スキルやノウハウを販売している人は、ご自身の本業についてはとことん勉強するべきでしょう。

しかしインターネット集客やマーケティングに関しては「まず実践。実践しながら勉強」で動いた方が、早く分析・検証ができるので結果を出すのが早いです。

たとえば、メルマガで集客ができるようになりたいなら、メルマガ配信スタンドを契約して月額料金を払い始める。

先に身銭を切って投資をしていればいやでも学ぶ気持ちになれます。

 

「新しいことを始めたら周りから変な目で見られそうなんです」といった声も聞きます。

この場合も、環境から整えます。

いわゆるドリームキラーと言われる、自分が目標に向かって前に進み始めた時に「あなたにそんなことができるはずがない」と言ってくる人とは、距離を置いて関わらないようにした方が良いでしょう。

一緒に住んでいる家族がドリームキラーになりそうな場合は「まず半年間頑張るから半年間は何も言わずに見守っていて」と、期間を決めてコミットすれば、文句を言われにくくなり、自分を追い込む良い手段にもなります。

宣言したからには甘えないと自分で決めることで、過去の自分と比べたら何倍もに成長できます。

ビジネスで早期に結果を出すには、いかに自分を追い込めるかが重要な要素となります。

追い込む=苦しいイメージがあるかもしれませんが、筋トレをイメージしてみてください。

痩せてスリムになった自分をイメージしたら、楽しみながら筋トレを続けられると思います。

少し自分に負荷をかけることで、本来よりも思考と行動が増え、結果、力がつきます。

 

自分の限界を超える努力で結果を出すと、それが成功体験になり、さらに高いレベルで努力ができるようになります。

以上、ビジネスをうまくいかせるための法則として、ぜひ意識してみてください。

 

オンラインサロン「アヤコミュニティ 在宅ワーク研究所」で日々、音声ノウハウやコラムを配信中。毎日読書をしている私がさまざまな書籍から学んだ、人生に役立つエッセンスもお届けしています。

WordPressやYouTubeなどのメディア作りにおいて、マンツーマンでのサポートを受けたい方は、収益メディア構築サポートコースへお申し込みくださいませ。