個人メディアの光と影

こんにちは、橋本絢子です。

今日は「個人メディアの光と影」というテーマでお届けします。

個人を売りにしてビジネスをすると、良い面もあればそうでない面もあります。

本名と顔を出して個人メディアを運営していく上で、どんなことがあるのか?

まず良い面は、私の場合は、私という人間を理解した上でコンタクトを取ってくださる方が増えたことです。現在はほとんどの方が私のブログやSNSをご覧になった上でご連絡してくださります。

日頃からブログやメルマガで自分の価値観や考えを発信していると、苦手なタイプの方と出会う機会が減っていきます。

それが個人メディアでビジネスを行う上で、私が最も感じているメリットです。

もちろん、学びの段階では、苦手だと思うタイプの人と関わることもあるでしょう。

私自身、自分に自信のない部分に関しては、苦言を呈してくれるメンターに指導していただくこともあります。

そうしなければ成長はないからです。

また、同じ目線でコミュニケーションが取れて共に学び合える仲間は、大切な存在です。

一方、個人メディアで仕事をする影の部分は、損得勘定で近づいてくる人が増えることです。

依存マインドの強い人、無料でできる限りノウハウを引き出そうとする人、などです。

過去には私の友人であることを名乗って、私の周囲の人に詐欺行為をはたらく人もいました。

私自身がそのような人を見抜けなかったことを反省しています。

また、これは個人メディアでどなたにも起こりうることですが、たとえば私に自分の理想のイメージを投影し、理想と現実が違ったことで「裏切られた」と思い、勝手に恨んだり攻撃してくる人もいました。

自分と他人との境界線が曖昧になりがちな人に多いようです。

自分のイメージは自分でいかようにも作ることができます。

SNS等に投稿しているのは自分のほんの一部分です。別に言わなくてもいいことにはフォーカスしません。

だからこそ、何が本当で何が嘘なのか分からない個人メディアには、リアリティが求められます。

ネットに出ている姿と実物が違ったら、がっかりされてしまうでしょう。

文章や動画で発信する際も、なるべく本音ベースで意見や感情、価値観をリアルに伝えることで、信頼してもらいやすくなります。

個人を出すSNSでどのような内容を投稿すれば良いのか?

文章の書き方や発信のコツなどは、オンラインサロンやマンツーマンサポートで、その方に合った形でサポートさせていただきます。

 

オンラインサロン「アヤコミュニティ 在宅ワーク研究所」で日々、音声ノウハウやコラムを配信中。毎日読書をしている私がさまざまな書籍から学んだ、人生に役立つエッセンスもお届けしています。

WordPressやYouTubeなどのメディア作りにおいて、マンツーマンでのサポートを受けたい方は、収益メディア構築サポートコースへお申し込みくださいませ。