秋の味覚 いちじくの利休仕立て

こんにちは、橋本絢子です。

今日はライフスタイル記事です。

家にいるときは自炊が多いです。

 

有機野菜の宅配オイシックスで1週間分の食材をまとめて注文し、足りない場合は、リュックサックにもなるマイバッグで近くのスーパーまで買いに行きます。

 

画像引用:フェリシモ

 

秋の味覚といえばイチジク。

 

子供の頃は苦手だったのですが、大人になってから好きになりました。

イチジクが出回るようになると毎年作るお気に入りのレシピ「イチジクの利休仕立て」があります。

ネットで調べても出てこなかったので、おそらくどこかの料亭で食べて美味しかったものを自分なりにアレンジしたのだと思いますが、とてもお気に入りなのでレシピ公開します。

お出汁で煮たイチジクの上に茹でたササミと大葉を乗せてあります。

ササミはタンパク質補給にピッタリ。普段、重いスーツケースを持ちながら全国出張しているので、筋力アップのためによく食べています。

材料

・いちじく4個
・A(だし汁2カップ、酒大さじ1、みりん大さじ1、醤油小さじ、塩少々)
・B(すりごま大さじ2、西京味噌大さじ1/2、酒大さじ1、砂糖小さじ2、薄口醤油少々)

<トッピング>
ササミ4本
酒大さじ1
塩小さじ1
大葉2〜3枚

下準備

ササミを茹でる
▼ササミの筋を取り除き、鍋にたっぷりの水を入れて沸かします。
▼お湯が沸騰したらお酒と塩を入れ、ササミを入れて、再び沸騰したら火を止めて、お湯が冷めるまで放置します。

調理手順

 ▼いちじくの皮をむき、丸のままAの調味料で弱火〜中火で5〜6分煮て、そのまま冷まし、冷蔵庫でで冷やしておきます。

※煮汁は捨てても良いですが、私は半分ぐらい残しています。

▼冷やしたいちじくに、ほぐしたささみと刻んだ大葉を乗せて、Bの利休だれをかけたら完成。

 

お出汁の味が効いているので甘すぎず、日本料亭のような上品な味わいです。

ナスでも同じようなものを作ることができますが、ぜひ今が旬のイチジクで試してみてくださいね。

お出汁はこちらを使うことが多いです。

茅乃舎だし 8g × 30袋 かやのやだし 出汁 国産原料 焼きあご 焼きとび飛び魚 うるめいわし 海塩 真昆布 かつお節 化学調味料 保存料 無添加 久原本家【宅別】【通販】【内祝い】【お返し】【ギフト】

 

忙しい毎日ですが、家にいるときはなるべく自然の物を調理して、健康に気をくばりたいと思います。

 

 

 

在宅ワークで収入を増やす方法、起業やメディアプロモーション、売上アップの仕組みづくりを学びたい方は、各種講座・コースでお伝えしています。

仕事に直結するプロライター養成塾

収益メディア構築サポートコース

海外セミナーはこちら。今年はクリスマス時期にフランス・パリでコピーライティング集中塾を開催します。

コピーライティング集中塾(フランス・パリ)

 

まずは私や受講生さんに会って交流してみたい方は、ランチ会や飲み会でお待ちしています。

次回の東京・大阪でのランチ会、飲み会情報です。

10/12(金)@大阪

10月12日(金)橋本絢子さん『おめでたいランチ会』&『極上のアヤフェスナイト』in大阪

10/19(金)@東京

10月19日(金)橋本絢子さん『おめでたいランチ会』&『極上のアヤフェスナイト』in東京

 

全国各地での講座・イベント開催スケジュールはこちら