女性起業家は自撮りをしないとダメですか?

こんにちは、橋本絢子です。

フリーライターを目指す方から、このようなご質問をいただきました。

「起業をされている女性は皆さん、フェイスブックやブログで自撮りを載せていますが、起業するには自撮りを載せるのは必須なのでしょうか? 私はブログやフェイスブックでアピールするタイプではなくてあまり得意ではないので、抵抗を感じてしまいます」

女性起業家さんで自撮り写真を載せている方は多いですよね。

私の見解ですが、顔が見えた方が認知度が上がり、親近感も出てお仕事につながりやすくなります。

特にビューティー・ファッション系のお仕事をされている女性起業家さん(個人サロン運営、エステ、ファッションコーディネーター、ヘアメイク、ファスティング講師etc)がプロモーションをしていくには、自撮りが必須だと思っています。

美しさやセンスを売りにしているのであれば、ビジュアルでの説得力がすべてと言えるでしょう。
が、ライターの場合は事情が異なります。

自撮りがマイナスに働くこともあります。

 

ライターは知性を売りにしているので、まず文章をしっかり書けるかどうかが、お客様から信頼されるカギとなります。

 

自撮りをたくさん載せていても、文章力が稚拙であればかえって印象が悪くなります。自撮りをたくさん載せるなら、文章力を磨いておくことは大前提ですね。

で、インターネットに一切顔も名前も出していなくても、年収800万〜2000万ぐらいをキープしているライターさんを、私は何人か知っています。

 

売れっ子ライターさんはSNSやブログでプロモーションしなくとも仕事が回っていて忙しいので、売れている人であればあるほど、SNSではあまり目立っていない傾向です。

あまりにSNS投稿が多いと、SNSに依存しているように見える点は要注意です。

 

「この人、ちゃんと仕事してくれるのかな?」
「仕事の機密情報をネットに書いたりしないかな?」
「いつも遊んでいるように見えるけど仕事がないのかな?」

とお客様に思わせてしまっては、せっかくプロモーションを行なっても仕事にはつながりません。

自撮りはほどほどに、投稿内容も「生きています、元気に仕事をしています」とたまに近況を伝える無難な内容をおすすめしています。

 

何のために自撮りを載せるのか?

 根本目的に立ち返ってみると、お客様に信頼していただくためですね。

自撮りが原因で信頼を失ってしまうのであれば本末転倒だと心得ておいてください。

というわけでまとめます。

  • 女性起業家で自撮りが必須かどうかは業種によって異なる。
  • ライターは知性と文章力で勝負。
  • 顔が見えた方が親近感はわくけど、たまにで良い。
  • 顔や名前を一切出さなくても稼いでいる人はいる。
  • お客様に信頼していただく根本目的を忘れない。

 

こういった内容は、主に仕事に直結するプロライター養成塾の初心者・営業コースでお伝えしています。

 

  
橋本絢子株式会社ジュビリー 代表取締役
プロライター歴約20年、在宅で経済的自由を得る方法を発信しています。 2009年4月に株式会社ジュビリーを設立。企業のメディア構築、プロモーション、セールスレターコンテンツ記事制作などの案件に携わる。 講座やセッションの受講者数は500名以上。「女性の経済的自立」をミッションに、自由な働き方を啓蒙している。 現在はメディア運営・法人・個人コンサル、プロモーションサポートを行いながら、田舎でスローライフを送っている。