川島和正さんの講演会を愛媛県松山市で開催させていただきました。

こんにちは、橋本絢子です。

10月8日(土)に、世界を旅する8年連続年収1億円ブロガー川島和正さんの講演会を愛媛県松山市で開催させていただきました。

14495393_1239874796033942_6341595576926979357_n

 

運営面では改善点がたくさんありましたが、川島さんからはご参加者様に素晴らしいお話を聞かせていただき、お越しいただいた方には満足していただける会になったと思います。

 

14484884_1239874789367276_5263548409480746922_n

 

14572154_1239874862700602_5532480735156168786_n

 

夜にはVIPコースの方々で道後の大和屋本店で、愛媛のグルメを楽しめる懇親会を開催させていただきました。

14632878_1239874866033935_338623217280712112_n

 

私の生まれ育った地、松山・道後の魅力を県外からお越しの方々にもお伝えできて嬉しかったです。

14657410_1239874972700591_5312981994485281267_n

 

 

そもそもなぜ私が川島和正さんの松山講演会を開催させていただきたいと思ったか。理由は二つあります。一つは自分のこれまでに培ってきたスキルやノウハウを活かして地元に貢献したいということ。

もう一つは実体験を積みたいと思ったことです。

 

 

私は普段、集客の講座やコンサルなど、目に見えにくいサービスを提供しています。

川島和正さんの川島塾で学ばせていただくようになってから、自分の講座やコンサルのお申し込みが増え、全国各地に呼んでいただけるようになりました。

仕事が上手くいくようになり、売上が安定し、周りの人に持ち上げられるようになって、何にも困らなくなってから、ふと恐怖を感じたのです。

「このまま自分は裸の王様になってしまわないだろうか」と。

それまでが苦労続きの人生だったこともあり、突然何もかもが上手くいくようになって、違和感を感じたのかもしれません。

そのときに思ったのが「机上の空論ではなく実体験を語れる人になりたい」ということです。

セミナー講師として、コンサルタントとして、自ら挑戦した経験、体当たりの経験を積みたいと。自分が体験したストーリーから学んだノウハウを語っていきたいと。

集客やマーケティングには流行があり、変化のスピードが速いです。

古くなったノウハウで仕事をしたくはないので、常に挑戦を続け、今の時流に合ったノウハウを実体験から学び、お客様に提供していきたいなと。

そんなことを考えているときに川島さんが講演会パートナーを募集されていたので、すぐ手を挙げさせていただきました。

自分が主宰のトップに立って開催させていただく中で、ここでは語り尽くせないほどの貴重な学びがたくさんありました。

 

 

いろいろ改善すべき点も多かったと思いますが、今回の学びは、今後の川島和正さんの講演会主宰者の方々にも共有し、自分の仕事にも活かしていこうと思います。

講演会主宰を通じての学び

【1】「尊敬するすごい人がいたら、その方のセミナーや講座を受けるだけではなく、一緒にお仕事をさせていただく」

→これが私の仕事のパターンでもあります。セミナーを受けるだけではなく一緒にお仕事をさせていただくことで、セミナー料金の何倍分もの学びがあるので。line

【2】「仕事の価値はいくら稼いだかではなく何人を喜ばせたか」

→これは私なりの価値観かもしれませんが、前々から自分が稼ぐ金額よりも、人を幸せにすることに価値基準を置いて仕事をしていきたいと思っています。

もちろん人を幸せにするには自分自身も豊かである必要がありますが、お金は最終ゴールではないと実感しました。多くの人に喜んでいただくために必要なお金を動かせる人になりたいと思いました。

これからも随時、学びを共有していきます。

講演会にご参加いただいた皆様、懇親会にご参加いただいた皆様、協賛各社様、メディア関係の皆様、ボランティアスタッフチームの皆様、講演会告知にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

そして香港からはるばる松山にお越しいただいた川島和正さん、貴重な機会をありがとうございます!

 

 

 

告知用バナー2

私にLINEで質問してみませんか?

キャリア、起業、収入、生き方、パートナーシップのご相談を受け付けています。
いただいたご質問はブログでご紹介させていただきます。

パソコンの方は
こちらのQRコードを読み取っていただければ
お友達に追加できます。

line@gr

スマホの方は以下のアイコンをクリックして
お友達に追加してくださいね。

LINE_icon02

スポンサーリンク