投資を学ばないリスク

こんにちは、橋本絢子です。

東京オリンピックが終わり、コロナ感染者が増え続け、全国各地で緊急事態宣言が続く中、今後、日本はさらに景気が落ち込んでいくことと思われます。

経済的な不安を抱える方も少なくないでしょう。

2019年には金融庁が「老後2000万円問題」を発表しました。これは金融庁の金融審議会による、「老後の30年で約2000万円が不足する」という試算になります。

実際には2000万円どころではないと思います。

年金の支給開始年齢は今後、さらに引き上げられるでしょうし、年間の支出が200万円であった場合、2000万円は10年でなくなってしまいます。

人生100年時代と言われる今、日常の生活コストに加えて、病気の治療費や介護施設等にかかるお金を考えると、さらに多くの預貯金を用意するだけでなく、高齢で動けなくなったとしても収入が入ってくる仕組みづくりは必須です。

老後2000万円問題が発表された後、NisaやiDeCoを含めた投資について、積極的に学びましょうといった内容が金融庁のホームページに記載されています。

これは、「これからは国が国民を年金などの社会保障制度で今まで通り守ってあげられなくなりそうだから、老後のお金は自己責任で用意してね」といったメッセージが暗に込められていると感じます。

国が投資を勉強しろと言っている今の時代に投資を学ばないことは、とても恐ろしいことだと思います。

繰り返しになりますが、人生100年時代の今、老後資金は2000万円あっても足りません。

少子高齢化が進んで年金制度も崩壊へ向かっていく中で、高齢で今と同じように働けなくなった時にどのようにして自分の身を守るかは、一人一人が、自己責任で学んでいかなければならないのです。

政府は本当の意味では、国民を助けてはくれません。

それはコロナ禍で起こっている様々な問題から実感している人が多いはずです。

投資を学ばないことの方が今はリスクなのです。

 

しかし投資というと「騙される」「損をする」「財産を失ってしまう」そんなイメージが先行し、なかなか一歩を踏み出せない方も少なくないのではないでしょうか。

実際に投資を行うにしろ行わないにしろ、正しい知識を身につけておくことは、今の時代、全ての人が行うべきことだと私は思います。

投資とギャンブルの違い

投資でイメージされがちな「騙される」「損をする」「財産を失う」は、全てギャンブルに言えることです。ギャンブルとは、運に左右されるものです。

  • 仮想通貨やFXで一時的にお金が増えたけど損もした。
  • 人から勧められて買った株で損をしてしまった。
  • 投資詐欺に遭い、全財産を失ってしまった。

そう言った話は全てギャンブルであり、投資ではありません。投資とは、利益を見込んで中長期的にお金を増やしていくものです。

投資にネガティブなイメージを持つ人が多い理由の一つに、投資と見せかけたギャンブルが世の中に蔓延していることが挙げられます。

投資をきちんと学んでいる人は、信頼している人から勧められたからという理由だけで、自分でよく分析もしないでなんとなくで株を買ったりしません。

将来的にどうなるか分からない仮想通貨に全財産を注ぎ込んだりしませんし、チャートの読み方も勉強していないのにFXで根拠のない取引を行うことはありません。

人から言われたことを鵜呑みにせず、自分でしっかり勉強し、納得のいくまで分析をして十分な根拠を用意した上で取引を行う。

それが投資ですので、不安な感情に支配されることもなく「損失を出してしまったらどうしよう」と心配になることもありません。

そういった知識を持たないまま、なんとなくの感情で行動するから失敗するのです。

そして失敗談はメディアでアクセスを集めやすいので、取り上げられやすく、表に出やすいです。

結果、本来は人生を守る必須の手段である投資に、ネガティブなイメージを持つ人が多いのだと思います。

人から勧められた株は買っていいのか?

投資に関する情報を発信していると「投資は難しくてよく分からないので証券会社の人に任せています」といった人も見受けられます。

また、「信頼できる人から勧められた投資信託や保険商品を購入しています」といった人も少なくありません。

自分のお金は自分の命を守る血液のようなものなのに、その大事なお金を、自分でよく調べもしないで人任せにするというのは、お医者さんから勧められた薬を、自分でよく調べもせずに体内(血液中)に取り入れることに等しいと思います。

その薬が体に合わないものだったり、毒物だったらどうするのでしょうか?

もちろん考え方は人それぞれだと思います。

が、証券会社の担当者に任せきりという人は、よく考えてみてください。

証券会社の担当者が本当に投資のエキスパートであれば、その担当者は証券会社を辞めて、セミリタイアして悠々自適に暮らせていると思います。

私自身、他の人からのアドバイスは、参考にはするものの、鵜呑みにはしないと決めています。

「誰かから勧められたから」という理由で株を購入し、その銘柄で損失を出してしまったり、最悪、上場廃止になってしまった時に、勧めてくれた人を恨んでしまうかもしれないからです。

人生において、人を恨むという経験は、なるべく増やしたくありません。

もし自分で企業分析をする時間がないのであれば、他の人に銘柄を選んでもらうのではなく、投資信託(ETF)を購入します。

投資信託とは、投資家から集めた資金で、運用会社が分散投資を行う金融商品です。分かりやすく言えば、複数の銘柄をひとまとめにしたものです。

身近な友人や知人に勧められた銘柄よりも、何十年も運用実績のある有名な投資専門会社の、世界トップレベルの投資のプロたちが選んだ銘柄の方が、信頼できると思います。

というわけで、もし身近な知人や友人に勧められたから、断りづらいから、付き合いがあるから、などの理由で自分でよく調べもしないで投資を行うのは、私はやめた方が良いと思います。

「資産を増やすには何を買ったらいいのですか?」と疑問に思う方は、まず、判断基準の身につけ方を学ぶことをお勧めします。

投資は孤独です。

人に依存せず、人任せにせず、自立したマインドを持って仲間を増やしていける人が、最終的に投資で幸せになる人だと思います。

株式投資セミナーの選び方

株式投資は本やYouTubeでも勉強できますが、セミナーを受講することで、自分が何を知らないのかをより具体的に知ることができ、より短期間で効率的に学ぶことができます。

何よりもセミナーでの学びに自己投資することで、「学んで終わり」ではなく実際に行動してみようといった意欲につながります。講師の先生や他の受講生とのつながりも、投資人生のより良いサポートになるでしょう。

世の中には数多くの株式投資セミナーがあります。

「株式投資を学びたいけど、どのセミナーを選んだら良いのかわからない」と思う方もいらっしゃると思います。

まず投資セミナーを選ぶ際に押さえておきたいのが、現在のご自身の状況です。

  1. 短期的に収益を上げたいのか? 中長期的に資産を増やしたいのか?
  2. リスクはどのぐらい取れるのか?(ハイリスクハイリターンでも良いのか?)
  3. 攻めなのか、守りなのか(積極的に資産を増やしたいのか、どちらかというと資産を守りたいのか)

などによって適した方法が異なります。

たとえば軍資金に充分な余裕があり、一日モニター画面を見ていられる時間の余裕もあり、リスク許容度の高い方であれば、デイトレードなどの短期売買で「攻めの投資」を行うことが向いているかもしれません。

なお、リスクをなるべく抑えて短期的にハイリターンを得たい場合、そのような一見オイシイ話はほぼ100%詐欺ですので注意しなければなりません。

一般の多くの方は、あまりリスクを背負わず、一日モニター画面を見ていられる余裕もなく、中長期的に資産を増やしたいかと思います。今回はできるだけリスクを抑えて中長期で資産を増やす、どちらかというと守りの方法に絞って株式投資セミナーの選び方をお伝えします。

株式投資で中長期的に資産を増やす方法は、バリュー投資という手法になり、教えている内容は、だいたいどこのセミナーも大差ないはずです。

バリュー投資とは、今から約100年前に、コロンビア大学で教鞭を取っていたベンジャミングレアムとデビッドドットによって作られた学問です。

ウォーレン・バフェットをはじめとする多くの有名な投資家が彼らの元でバリュー投資を学びました。

学問ですので、全世界に多くの先生がいます。

学べる内容は共通しているということは、セミナーを選ぶポイントになるのが、

  • 誰から学ぶか
  • 受講後のサポート体制
  • 受講生コミュニティの雰囲気

です。セミナーを選ぶ際は、上記をチェックするようにしてみてください。

女性の方にお勧めのバリュー投資セミナー

私が学ばせていただいているバリュー投資大学のオンライン講座は、特定の銘柄を勧めるのではなく、将来的に伸びる銘柄の「選び方」をお勧めする講座になります。

大きな特徴は、受講生さんお一人お一人を大切にしていて配慮が行き届いていることです。

受講生さんをグイグイ引っ張っていく強さよりも、受講生さんの気持ちに寄り添いながら問いかけてくれる優しさを感じられると思います。

質問しやすい雰囲気で、受講生コミュニティのサポート体制も充実しています。

そして最大の特徴は、講師の女性が主婦であり、二人のお子さんのいるママでもあることから、女性の気持ちに寄り添ってもらいやすい点だと私は思います。

日本でバリュー投資を教えている主婦でママの講師がどのぐらいいるのか分かりませんが、きっと珍しいと思います。

もしバリュー投資をゼロから学んでみたい方は、ぜひオンライン講座をチェックしてみてください。

バリュー投資大学オンライン講座の詳細はこちら

※私も「福井県在住 30代女性 フリーランス Aさん」として受講生の感想を書かせていただきました。