1記事50円や100円のライターの仕事はやるべきですか?

こちらの記事でのご質問の方から「ネットで受発注のできるクラウドソーシングサイトのHPを拝見させて頂きましたが、最初は単価の低い1記事50円や100円といったものから引き受け、経験を積む必要があるのでしょうか?」とのご質問もいただきました。

単価の安い仕事に取り組むべきかどうか。これは人によって異なります。

今、あなたがライターの仕事が全くの初心者で、お金をいただいて文章を書いたことがないのであれば、どんな手段を使ってもまずは実積を作るべきでしょう。

クラウンドソーシングサイトを利用することで、50円でも100円でもお金をいただいて文章を書く実積を作ることができます。お客様とのやり取りや、受注から納品までの流れを覚えて慣れたい方は、やらないよりかはやってみると得るものはあります。

 

が、ライターとしてキャリアアップしたいのであれば、早めにこのような仕事からは卒業しましょう。

 

プロライター養成塾の初心者・営業コースでは、ワークを通じてご自身の時給を出していただきます。時給は人によって違います。人生の目標やなりたい自分によってセルフイメージを書き換える必要が出てくる人もいます。

自分にとっての適正な時給を出していただいたら、その時給をもとに受注単価を決定します。

自分の時給を下回る仕事でも、以下に当てはまる場合であれば引き受けた方が良いです。

・有名な媒体で自分の名前が入り、価値ある実積になる場合
・継続的な定期発注になる場合
・クライアントが予算を持っていて、実力に応じて報酬がアップする場合
(最初はお試しとして低単価で受注しても、実力に応じて後から交渉して単価を上げていける場合もあります)

 

どんな場合でも、初心者さんの場合、迷ってやらないという選択肢は持たない方が良いです。これは、人生全般における成功法則ですね。ピンときたらまず行動。やるかやらないか迷うなら、やってみてから考える。私はそのようにして生きてきました。命に関わらない限り、失敗して損をすることはありません。すべてが学びの経験になります。やってみていやだなと思ったらやめれば良いのです。

 

というわけで、ちょっとでも気になったら、まずは取り組んでみて判断してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク