オンラインサロン「アヤコミュニティ」メンバーの方のお申し込みはこちら

 

 

今年のクリスマスはフランスのパリで過ごしませんか?

どこを切り取っても絵になる街パリで、インスタグラムやYoutubeでのマーケティング方法・読者の心を掴むコピーライティングを中心に、街で動画や写真を撮影しながら、個人ブランディングで集客できる方法をお伝えします。

 

英語やフランス語ができなくても大丈夫です。

航空券の手配や宿泊、現地での過ごし方などサポートできます。

初めての海外旅行、初めてのヨーロッパの方もご安心ください。

 

芸術的センスのあふれるパリは感性が豊かになれる街

芸術の都と呼ばれるパリ。

数々の芸術家を生み出し、現在もアートやファッションで最先端をいく街として知られています。

オルセー美術館内のミュージアムカフェ

パリ市内には数々の歴史的建造物も見られ、ヨーロッパの文化的な街並みを堪能することができます。

街にあふれる世界最高峰の芸術作品は、あなたの表現力を高め、クリエイティブな感性を豊かにしてくれるでしょう。

 

多民族国家で新しい価値観をインストール

様々な国・人種の人が暮らすパリでは、単一民族の日本に住んでいると気づかない新しい価値観に触れる機会も多くあります。

現地の人とのコミュニケーションを通じて「こうあるべき」の思い込みを外すことができれば、より自由な視点で物事を捉えることができるようになります。

新しい価値観に触れられる異国の地で学ぶことで、思考の枠が外れやすくなり、学んだことをいち早く吸収できるでしょう。

 

SNS映えする写真や動画を撮れます

クリスマス時期のパリ市内はとにかく写真映えします。

街角のカフェテラス、凱旋門、エッフェル塔、

シャンゼリゼ通りのイルミネーション。

どこを切り取っても絵になります。

パリのクリスマスは、あなたを素敵に演出してくれるでしょう。

 

コピーライティング集中塾ではYoutubeやインスタグラムマーケティングもお伝えします。

今の時代、個人起業にインスタ映えやYoutubeの知識は必須。

パリ市内を歩きながら、皆で絵になる写真や動画を撮影し、その場で編集方法もお伝えします。

起業家さんやこれから起業する方は、パーソナルブランディングにも役立てることができます。

ご希望に応じて、15mmの広角ミラーレスカメラでポートレート撮影させていただくことが可能です。

 

 

人生を大きく変えたいときはパラダイムシフトが必要

これから人生を大きく変えたい方は、思考も行動もパラダイムシフトをする必要があります。

今まで行ったことのない場所へ行き、見たことのない景色を見て、出会ったことのない人と交流する。

その行動の積み重ねが、生きていくための基礎体力となります。

「あのとき夢を叶えたから、次もきっと叶う」そう思える自分になりたいなら。

思いきった経験は、後々の人生でも活きてくるでしょう。

2018年のクリスマスは一度きり。

いつ何があるか分からない世の中だから、今だから経験できること、今だから学べることを、将来のための糧にしませんか?

理想の未来は、自分で作ることができます。

 

語学や治安の不安はサポートします

英語やフランス語ができなくてもご安心ください。

一人では不安な海外旅行も、現地の事情に詳しい仲間がいれば心強いはずです。

現地での過ごし方・交通機関の乗り方などはサポートします。

なお、治安によって宿泊して良い地域、立ち寄ってはいけない地域がございます。いくつか気をつける点もございますので、ご参加の方にはあらかじめお伝えさせていただきます。

 

クリスマス時期のパリの見どころ

シャンゼリゼ通り

 

ショッピングやグルメなどを楽しめるパリの中心地。エトワール凱旋門をバックに写真を撮ることもできます。

ルーヴル美術館

言わずと知れた世界最大級の美術館。先史時代から19世紀までの38万点以上もの美術作品を鑑賞することができます。

オルセー美術館

19世紀印象派の作品が多く展示されている美術館。モネやルノワール、セザンヌ、ゴーギャンなどおなじみの印象派画家の作品たちを鑑賞できます。

エッフェル塔

パリを代表するおなじみの観光スポット。頂上からはパリ市内を一望できます。

ノートルダム大聖堂

フランス、パリのシテ島にあるローマ・カトリック教会の大聖堂。「パリのセーヌ河岸」という名称で、周辺の文化遺産とともに1991年にユネスコの世界遺産に登録されています。クリスマス時期は夜のライトアップが特に美しく、撮影スポットにもなっています。

ガルニエ宮(オペラ座)

オペラ座とも呼ばれているガルニエ宮は、構想13年を経て1875年にオープンしました。シャガールの天井画は必見。オペラのチケットを買わなくても館内見学ができます。

モンマルトル/サクレ・クール寺院

芸術家の集まる丘モンマルトルと、丘の頂にそびえるサクレ・クール寺院も、パリの代表的な観光名所として知られています。

ボンマルシェ

お土産を買うならここ。フランスの美味しい食材が揃っています。ファッションやインテリアグッズが揃うデパートも併設されており、世界初の百貨店と言われています。

ギャラリーラファイエット

ゴージャスな内装が特徴の、ヨーロッパ最大級のデパート。クリスマス時期のデコレーションは見ているだけで楽しめます。

 

※お時間があればパリ市内から足を伸ばし、ベルサイユ宮殿にも行ってみてください。

※12月24日・25日は日本の大晦日と元旦のように多くのお店が閉まってしまうので、前の週から21日以前にパリ入りされることをおすすめします。

 

 

ナビゲーター

橋本絢子(はしもとあやこ)

株式会社ジュビリー代表取締役。愛媛県松山市出身。 大学在学中に広告業界で働き始め、Webデザイナー、Webディレクター、コピーライターを経験。

大手求人広告会社へ入社し、約1000社分の取材インタビューを行った求人広告の原稿を作成。2009年4月に株式会社ジュビリーを設立。企業のメディア構築、プロモーション、セールスレター、 コンテンツ記事制作などの仕事に携わる。

国内外を旅しながら、場所や時間にとらわれないワークスタイルを確立。 講座やセッションの受講者数は500名以上。「女性の経済的自立」をミッションに、 自由な働き方を啓蒙している。

橋本絢子オフィシャルサイト

著書

2018年8月に商業出版。著書「起業するならスーツの男に声をかけろ!〜まずは月5万円から〜」全国の書店で絶賛発売中!
Yahoo!ニュースにも取り上げられました。

 

 

八重洲ブックセンターでは「女性におすすめの一冊」として目立つところに置いていただきました。

 

他、パリの事情に詳しい数名のサポートスタッフで事前のご案内と現地入りした後をサポートいたします。

 

カリキュラム

1日目:2018年12月22日(土)18:00〜21:00(現地時間)

  • コピーライティングでお金を引き寄せるマインドの作り方
  • 最先端の検索エンジン・SNSマーケティング
  • インスタ映えする写真の撮り方のコツ
  • ターゲットに響くコピーの書き方

 

2日目:2018年12月23日(日)13:00〜16:00(現地時間)

  • 読まれやすいコンテンツ記事の書き方
  • アフィリエイト基礎
  • 無料解析ツールの導入方法・使い方
  • Youtubeでの集客・拡散方法

 

 

・セミナー開催場所はお申し込みの方にご連絡させていただきます。

・参加者様の実績、経験、スキルに応じて、カリキュラムが変更になる可能性がございます。「こんな内容を教えてほしい」といったリクエストがございましたらお伝えください。

・2日間は皆で一緒に行動しますので、上記の時間以外にも必要に応じてグループコンサルティングを行います。

・ご参加後は全国各地でのシェア会の開催OKです。シェア会の開催方法もセミナーでお伝えします。

コピーライティング集中塾詳細

日程:

2018年12月22日(土)18:00〜21:00(現地時間)
2018年12月23日(日)13:00〜16:00(現地時間)

 

※21日に集合してグループミーティングを行いますので、20日(木)夜までに入国をされておくことをおすすめします。詳しいスケジュールはお申し込みの方にお伝えします。セミナーの開催時間帯はスケジュールによって前後する可能性がございます。

 

料金:198,000円(税込)

→2018年11月30日までの早割で158,000円(税込)になります。さらに一括お支払いの方、オンラインサロン「アヤコミュニティ」メンバーの方は148,000円(税込)となります。

アヤコミュニティメンバーで、一括お支払いの方は138,000円(税込)とさせていただきます。

※航空券・ホテル代は各自ご負担となります。また現地でのお食事代および移動する際の交通費も各自でお支払いいただきます。航空券や宿泊費を格安に抑える方法を知りたい方は、LINE@もしくはお問い合わせフォームよりご相談ください。

 

お支払い方法:事前銀行振込・Paypal決済、カード決済(VISA、Master、JCB)

定員:7名

Q&A

Q. 現在私は会社員で、起業をするかはまだ決まっていませんが、参加できますか?

A. はい、ご参加いただけます。起業をするかは決まっていなくとも、人生の方向性を変えたい方、パリでの学びから何かしらの気づきを得たい方は歓迎します。

Q. 海外旅行に慣れておらず、セミナー会場までたどりつけるか不安です。

A. 事前に入国時間をお知らせいただければ、空港からホテルまでの送迎も可能です。その他、インターネット環境や電話、必要な持ち物、両替方法など、ご質問いただければあらかじめFacebookグループでサポートいたします。22日(土)と23日(日)の2日間とその前後は、基本的に皆で一緒に行動しますのでご安心ください。

ホテルチェックイン時に英語が不安な方は、フロントまで同行してサポートいたします。早めに到着される方は、現地サポートスタッフがサポートさせていただきます。

Q. 現地での食事は各自で取るのですか?

A. 朝食は各自でお願いします。ランチ、ディナーは皆で一緒の予定ですが、臨機応変に対応します。事前にFacebookグループでピックアップしたお店をご連絡します。

Q. 参加費の分割払いは可能ですか?

A. 基本的には一括でのお支払いをお願いしておりますが、クレジットカード決済でしたら4回までの分割お支払いが可能です。

Q. 現地でスリなどのトラブルに遭ったらどうすれば良いですか?

A. スリ・盗難の責任は弊社では負いかねますので、あらかじめ海外旅行保険に加入していただくか、クレジットカードの海外旅行付帯保険で対応していただきます。なお、パリはスリが多いので、渡航前にスリに合わないための対策法をお伝えいたします。

Q. 申し込みをして入金をしましたが、急用ができて参加できなくなってしまいました。ご返金はしていただけますでしょうか?

A. 11月30日まででしたら振込手数料を差し引いた金額を返金させていただきます。12月1日以降はキャンセルご返金をいたしかねますので、弊社別サービスへの振替という形でご対応させていただきます。なお、カード決済やPaypal決済の場合、ご返金までに1ヶ月程度のお時間をいただくことがございますのでご了承ください。

なお、交通機関のストライキ、台風・地震等の天災地変、暴動やクーデター他、主宰者側の都合で開催ができなくなった場合は全額ご返金させていただきます。

 

※フランスの渡航にはパスポートの残存有効期間は滞在日数+3カ月以上必要になります。あらかじめご確認をお願いいたします。

 

 

その他、ご質問がございましたらお問い合わせフォーム、もしくはLINE@までご質問をお寄せくださいませ。

 

 

オンラインサロン「アヤコミュニティ」メンバーの方のお申し込みはこちら

 

「@i.softbank.ne.jp」「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」などスマホのアドレスから申し込まれる場合は、あらかじめ「info@jubilee-web.jp」のアドレスからメールが受信できるよう設定をお願いします。

お問い合わせはメール、LINEでも承っております。メールの方はお問い合わせフォームからご連絡ください。LINEの方は以下のアイコンをクリックしてお友達追加してくださいませ。

メッセージ

「収入は移動距離に比例する」と言われます。

私の場合、海外旅行の予約をすると、いつもお金のめぐりが良くなります。

それは、「次の旅行を最大限に楽しむ」と、未来へコミットした行動ができるようになるからです。

 

特にフランスへ行くようになってからは、「生きているだけでこんなに美しく、素晴らしい世界と出会えるなんて」と思うようになりました。

見たこともないような美しい建築や天井画、美術の教科書で出会った大好きな画家が描いた本物の作品。

フランス・パリを旅して何が一番感動したかというと、見ている景色のすべてが、何かをモチーフにしたテーマパークではなく「本物」であることです。

歴史が生んだ偉大な人々によって作られたヨーロッパの街並み・芸術作品は、すべて本物。テレビや雑誌を通して見るそれとは全く異なっていました。

数々のモチーフとなっている美しい景色、美しい芸術作品、それらの「本物」に囲まれて暮らしているフランス人は皆、心が豊かです。

心豊かに生きるフランス人のあり方を見て、幸せに生きることを追求していきたい、そう思えるようになりました。

 

なお、本場のワインやシャンパンは本当に美味しいので、毎日お昼から飲みたくなるかもしれません。

日常にオーガニックが浸透しており、野菜の味が濃厚で美味しいフランスは、一度訪れたら、何度でもリピートしたくなる街です。

五感で味わえる人生の喜びを、ぜひパリで堪能してくださいませ。

 

 

 

オンラインサロン「アヤコミュニティ」メンバーの方のお申し込みはこちら

 

「@i.softbank.ne.jp」「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」などスマホのアドレスから申し込まれる場合は、あらかじめ「info@jubilee-web.jp」のアドレスからメールが受信できるよう設定をお願いします。

お問い合わせはメール、LINEでも承っております。メールの方はお問い合わせフォームからご連絡ください。LINEの方は以下のアイコンをクリックしてお友達追加してくださいませ。

 

過去のフランス滞在レポートはこちら
フランス滞在記(2017年12月)
フランス滞在記(2018年6月)