「起業女子」を名乗るリスク

こんにちは、橋本絢子です。

ちゃんと稼ぎたいなら「起業女子」と名乗るのはやめましょう
という記事をアップしたところ、賛否両論いろいろなご意見をいただきました。

正しく受け取られていない部分もあったようですので私の考えを捕足させていただくと

すでにビジネスのベースを確立している方が、戦略的に「起業女子」を名乗ることで、結果を出しているのなら良いと思います。

しかし、何にも成果を出しておらず実積もなく、稼げていない人が、表面的にファッション感覚で言葉だけを真似すると、ビジネスの可能性を狭めてしまうリスクがあるよ、という話です。

 

 

たとえばこんな人がいたとします。

「私、外科医で女子。今日はこれから患者さんの手術だ♪ がんばるぞぉo(^▽^)o」みたいな人に、手術はしてほしくないですよね?

「私、マンションの構造設計をしている女子だょ♪ 昨日はカラオケでオールしちゃった(*゚∀゚)これから仕事〜☆」みたいな人が設計したマンション、ちょっと怖くないですか?

極端な例かもしれませんが、あなたも同じようなことをしているかもしれません。

仕事を発注する立場としては安価で気軽で失敗してもリスクの少ない仕事は、女子と名乗っている人にお願いすることもあります。むしろ、気軽な感じの人の方がお願いしやすいです。

でも、ミスの許されない重たい仕事は、女子と名乗っている人には任せられません。
私は講師ですが、受講生の方の人生が変わるきっかけを提供しているので、ある意味命に関わる、とても重たい仕事だと自覚しています。

 

スケジューリングミスや連絡の抜け漏れがないよう、タスク管理を徹底し、体調管理も徹底しています。

そんなの仕事なら当たり前でしょう?と思われるかもしれません。

であれば、当たり前の信頼を傷つける恐れのある、リスクのある見せ方はしないようにしています

それに、私自身のキャラにも「女子」は合わないのです。

女子を名乗っていて結果を出して長く稼ぎ続けている人は、素直にすごいなと尊敬します。それだけ緻密に計算されたブランディングなので、相当頭が良くなければ難しいでしょう。

 

da296015s

個人の女性向けにビジネスをしているなら良いのではないですか? 女子は女子同士でみんなで盛り上がりたいから。

というご意見もいただきました。

良いと思います。

これは私の知らない世界であり、理解不足だったと思います。

私自身が人生において、女子グループの中に入って、みんなでワイワイ盛り上がった経験がないんですよね。学校ではいつも一人で過ごしていたし、途中から不登校になったし。

でも、仲間はずれにされていたわけではなく、単純に自分が女子の輪に入っていきたくなかったからなんです。面倒くさそうというのが理由で。中途半端にグループに入ると、いじめられていたかもしれません。

友達はいませんでしたが、今でいうLINEいじめのような陰湿ないじめにも遭ったことはありません。

というわけで、同年代の女子グループで盛り上がることで稼げるビジネスなら、全然ありだと思います。

 

ただ、ひと回り離れた年上の女性や男性、法人も顧客ターゲットになるなら、「起業女子」は避けた方が無難です。

 

 

講師業の方で戦略的に起業女子を名乗っている方もいるでしょう。

が、起業女子を名乗っている講師の方に、法人が企業研修を依頼するかと言うと、謎です。

法人の仕事は受けない前提なら大丈夫ですが、最初から事業拡大のチャンスを自ら狭めてしまうのはもったいないことだなと思います。

マーケットが変化したときは「女子」から「先生」へ、いち早くシフトチェンジするのが良さそうですね。

 

 

river

 

 

 

スポンサーリンク