私の使命

こんにちは、橋本絢子です。

千葉生活もだいぶ慣れてきました。

昨日はカーテンが届き
明日は自転車が届きます。

 

nyan

 

向こうから寄ってくる
人懐っこい猫がたくさんいる
海辺の公園まで自転車で5分。

思い立ったら
ふらっとこの場所へすぐ来れることが
今一番の幸せです。

近くには緑豊かな大きな公園がいくつかあり
千葉城もあり
自転車があれば自然とアクティブになれそうです。

今回の引っ越しで
トータル100万ぐらいかかったと思います。
私は引っ越しを7回経験しており
その度に気持ちをリセットして
家具を一式揃えています。

引っ越しにかかるお金も
家賃も水道光熱費も通信費も含め
生活にかかる費用は10年以上
すべて自分で払っており
これからも一生、自分で稼いで払うつもりです。

生活費を男性から払ってもらいたい欲が
もともと全くないので
そこが、一般的な女性心理を
完全に理解できていない原因なのかもしれません。

女性が生きていくのにかかるお金を
男性に頼ることが、
いかにリスクの高いことか
幼い頃の経験から身を持って感じています。

こう書くとよく「男性不信」とか
「ひねくれている」とか言われるのですが

男性の収入に頼って生きていくことに
不安や恐れを感じている女性に
女性が一人でも自営業でも
ちゃんと稼いで生きていけることを
生き様で証明していくこと。

それが、私の使命なのかもしれません。

私の講座を受講してくださった
20代女性の方のブログを読んで
その使命を一層、実感したのです。

彼女のブログに書いてあった内容を読んで
愕然としました。

そこに書いてあった内容とは・・・

子育てのことで
旦那さんと家で議論になり
旦那さんから、ペン先の出たボールペンを
眼球に向かって投げつけられ
(目の横をかする程度で済んだそうです)

それを見ていた赤ちゃんが泣いて
夜も泣いていたら
旦那さんが赤ちゃんの口を塞いでいたそうです。

こんな環境で子供を育ててはいけない
と思い、家を出て警察へ行き
そのままDVシェルターへ入ったとのこと。

こんなひどいことが実際あるのか
と驚くとともに
女性である私だからできること
力になれることがたくさんあるのではないか
と考えています。

 

ちなみにその彼女は
無事に行政に守られ
今は娘さんとともに
ライターの仕事をしながら
平穏な生活を送っているそうです。

 

何が正解なのかは分かりません。

 

男性に守られることが得意な女性は
その道を極めれば良いと思います。

私は仕事で結果を出し続けていたい気持ちが強いです。

受講生さんやお客様のために
より質の高いコンテンツを提供することに
生涯のエネルギーを注いでいきたいと考えています。

 

それを考えるとどうしても
プライベートに割く時間が限られてしまいますが

全部ひっくるめて私の使命であり
生き方なのだと思っています。

 

一つだけ言えることは
経済的に自立をすると
女性の人生の自由度は何倍にも広がります。

好きなときに旅をしながら仕事ができるようになります。

 

私は近々、アメリカを横断したいなと思って計画を立てているところです。

女性が自由に幸せに生きる方法を
これからも模索し、発信していきたい。

そんなことを思っています。

 

 

 

ビジネス系の濃いノウハウは、最近はメルマガで配信中です。

【コピーライティングで集客】メルマガへのご登録はこちら

※ご登録は無料です。

 

 

各種講座・イベントの開催スケジュールはこちら

個別コンサルティングの空き日程はこちら

 

告知用バナー2

私にLINEで質問してみませんか?

キャリア、起業、収入、生き方、パートナーシップのご相談を受け付けています。
いただいたご質問はブログでご紹介させていただきます。

パソコンの方は
こちらのQRコードを読み取っていただければ
お友達に追加できます。

line@gr

スマホの方は以下のアイコンをクリックして
お友達に追加してくださいね。

LINE_icon02

スポンサーリンク