6月に配信したメールセミナー「コピーライターの仕事術」編

こんにちは、橋本絢子です。
私は2つのメールセミナーを配信しています。

配信しているメールセミナーは、文章力を身につけて集客に活かしたい方のためのコピーライティングやマーケティングに関するメールセミナー「コピーライティングで集客」と、コピーライターの仕事術にご興味のある方、コピーライター・フリーライターを目指す方、現役ライターさんのお役立ち情報「コピーライターの仕事術」です。

メールセミナーでは表には出せない集客ノウハウや、お客様の事例、私の個人的なエピソードに基づく成功事例など、より深いノウハウを配信しています。

この記事では、2016年6月に配信した「コピーライターの仕事術」のメールセミナーの概要をご紹介させていただきます。

バックナンバー閲覧用のパスワードはメルマガ登録後の自動返信メールでお知らせします。

 

コピーライターの仕事術メールセミナー 配信実積

6月5日配信
共感を呼ぶ文章の書き方
自分の書いた文章を読んでもらうには、読者さんに共感してもらうことが大切です。読者さんに共感してもらえる文章を書く5つのコツをメールセミナーでお伝えさせていただきました。

バックナンバーはこちら

6月9日配信
これから生き残るライターの条件
プロのライターといっても、仕事の領域はかなり幅広いです。書籍や雑誌、ホームページ、キュレーションメディア、コラムサイト、ランディングページなど、様々なメディアで、ライターが必要とされています。

弊社には毎日のようにライターさんをお探しの企業様からお問い合わせをいただいております。これからもきちんと読ませるクオリティの高い文章を書けるライターさんは、各界から引っ張りだこになるでしょう。

しかし業界によってはライターの原稿料が下がり続けたり、淘汰されている場合もあります。

Webライティングも、記事作成単価はピンからキリまであり、ライターが自身でスキルアップし、セルフイメージを上げていかなければ、収入アップは難しいと思います。

この先、仕事が減っていくかもしれない。収入が下がってしまうかもしれない。そのような不安と闘っているライターさんが今、身につけておくべきスキルとは・・・・続きはメールセミナーでお伝えいたしました。

バックナンバーはこちら

6月14日配信
高額な仕事を受注し続けるライターの特徴
弊社では複数の大きなプロジェクトを動かしているときは、一つのお仕事に対し、複数のライターさんにご協力をいただいております。そんな中で「高額な仕事を受注し続けるライターの特徴」を印象付ける象徴的な出来事がありました。

ある大きなプロジェクトを受注したとき、複数のライターさんと面接を行いました。その中でお二人の男性にお願いすることになりました。お一人はライター経験が5~6年であるものの専門知識の深い50代前後の方(Aさん)、もうお一人はライター経験は1年程度で専門知識はそこそこ、といった20代の方(Bさん)。

お二人とやり取りをする中で、Aさんは主にメール、Bさんは電話がメインでの連絡となりました。

そんな中、Aさんからのメールの文言で私はショックを受けてしまったのです。

一体何があったのか? 続きはメールセミナーでお伝えいたしました。

バックナンバーはこちら

6月17日配信
文才がなくてもライターになれますか?
よくいただくお問い合わせの中に「文才に自信がありませんが、私でもライターになれるのでしょうか?」というご質問があります。

私は、ライターになるのに才能は関係ないと、お伝えしております。文章を書くことに強い苦手意識があったり、作文が嫌いであれば、難しいかもしれませんが、「どちらかというと好き」であれば、大丈夫です。

初心者の段階では、「好きだけど、自分ではあまり才能に自信がない」ぐらいでちょうど良いです。経験が浅いのに才能があると自分で思い込んでいる方が問題です。そのような方は謙虚になれないので、壁にぶつかることが多くなるでしょう。続きはメールセミナーでお伝えさせていただきました。

バックナンバーはこちら

6月24日配信
1年以内に夢を叶える人に共通した法則
収入を自分で自由にコントロールできるようになりたい、時間や場所にとらわれない仕事ができるようになりたい、起業して1年以内に事業を軌道に乗せたい、などの夢を持つ方々が日々、私の講座に参加されます。

各種講座を開催したりコンサルを行う中で、1年以内に夢を叶えるクライアントさんには、ある共通した法則があることが分かりました。

1年以内に夢を叶える人には、どんな共通法則があるのでしょうか?続きはメールセミナーでお伝えいたしました。

バックナンバーはこちら

6月27日配信
取材相手に好印象を与えるには
取材においては、相手の本音を引き出す「聞き上手」に徹することが大切です。タイミングよく相槌を打つことができると、相手も話しやすくなるので、会話が盛り上がります。取材相手に好印象を与えるには「相槌コミュニケーション」が効果的です。「相槌コミュニケーション」とは具体的にはどんな方法なのか? 詳しくはメールセミナーでお伝えさせていただきました。

バックナンバーはこちら

このように内容の濃いメールセミナーを日々、配信させていただいております。メールセミナーは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。

 

「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら

「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら


ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。

 

「メールセミナーのバックナンバーを送ってください」とメッセージをいただくことがありますが、バックナンバーを希望される方には、メールセミナーのご登録をお願いしております。バックナンバーの量がかなり多いので、すべてをお送りするのは難しいですが、2014年までに配信した「文章で集客」メールセミナーのバックナンバーは、こちらの「起業家のための月商100万円コピーライティング集客術」にほとんど入っています。

100report

約100ページ、11万文字にわたるコピーライティングのノウハウをまとめた冊子「コピーライティングで月商100万円になる100の方法」無料でダウンロードしていただけます。

 

また、昨年までの「コピーライターの仕事術」のバックナンバーは、このコラムサイトに入っておりますので、ぜひお読みください。どうぞよろしくお願いいたします。

 

最新情報は私のFacebookからご覧いただけます。Facebookをされている方はフォローをお願いします。

https://www.facebook.com/hasimotoayako

 

スポンサーリンク