将来の夢

こんにちは、橋本絢子です。

おそらく独立して以来初めて?とも言えるくらい
落ち着いた日々を過ごしております。

 

今まで休むといえば
病気になって倒れたときぐらいだったので
体が元気でもたっぷり休めて
好きなことができる幸せをかみしめております。

何事も完璧にしなければ気が済まない性格が
今も良い方向へ働いたり
自分を苦しめる方向へ働いたり
振れ幅大きく行ったり来たりしていますが
それでもいいや、と思えるようになったのが
ここ最近の大きな進歩かもしれません。

 

自分に完璧を求めている分
自由奔放な人への羨ましい気持ちもあり
普段一緒にいるのは自由な人が多いです。

立ち止まって考える時間ができたので
将来の夢も考えてみました。

 

 

将来の夢は昔から変わらないのですが

空気のきれいな環境で
家庭菜園や料理を行ないながら
健康的に長生きすること。

 

 

CIMG2212

 

一昨年、北海道の駒ヶ岳の山奥に
一週間こもって執筆をしていたときは
こんな環境で過ごしました。

 

 

おばあちゃんになったら
着物や茶道、生け花なども楽しみたいですね。

意外に思われますが
裁縫やアイロンがけも好きなので
細かなことを丁寧に行なっていきたい
性分なのかもしれません。

あと、味噌や甘酒などの発酵食は自分で作って、
できたら販売もしてみたいなと思っております。

 

 

日本全国いろんな場所で生活をしてみて
世界も旅し始めて
いろいろな人のライフスタイルに触れてみて
幸せの形は人それぞれですが

空気が澄んでいる
水がきれい
食べ物が美味しい
住環境が快適に整えられている
衣服や寝具の肌触りが心地いい

など、五感で感じる快適さが
多くの人に共通する幸せではないかなと思います。

 

 

私は結婚したり家庭を持ったり
子供を産んだりしたことがないので
家族を持つことで感じる幸せというのは
まだ経験したことがない未知の領域です。

「ずっと一人だと老後が寂しいよ」
と周りから言われますが
こればかりは魂と運命が決めることなので
自分ではどうすることもできないですね。

目の前に打ち込める仕事があり
読みたい本や見たい映画がたくさんあり
表現したいこともたくさんあるので
そこに多くの時間を費やしたい、
自分で納得いくまでやり抜きたい
というのが正直なところです。

 

 

 

百田尚樹さんの永遠のゼロを読んで思いました。

41qE1PDY2cL._SX354_BO1,204,203,200_

永遠の0 (講談社文庫)

 

 

生まれてきたからには
何らかの生きる使命があり
使命を全うするのが
生きる意味になるのではないかと。

 

私は人生に意味などないと思っておりますが
だからこそ、
自分の人生にどう意味づけするかは
自分の自由です。

 

人生の意味づけは、
特に今の日本社会においては
他の誰かが決めることでもなく
国家や社会、親が決めることでもありません。

誰かの決めたレールを
歩いていかないといけないのは洗脳です。

もちろん法律や道徳などの
最低限のルールはありますが
ルールを生かすも生かさないも自分次第。

考えて考えて考えて考え抜かなければ
自分らしい生き方というのは
なかなか見出せません。

考え抜いて考え抜いて行動して
何度も壁にぶち当たってもうダメだと思い
それでも頑張り続けて失敗を繰り返して
落ちるところまで落ちたときに
他の誰とも比べない
本当の自分らしい生き方が
一筋の光のように見えてくるのではないか
と私は思っています。

求めなくても簡単に答えを手に入れる人は
いるのかもしれません。

ある日突然、するすると
全てがうまく回り始めることもあります。

どんな状況であっても私は
日々の忙しさに追われて、
考えることを放棄する人にはなりたくないし、
ならないと決めています。

熟考できる時間的・精神的ゆとりを
持てるようになることも
私が叶えたい夢のひとつです。

全国各地での講座・イベント開催スケジュールはこちら

 

 

 

私にLINEで質問してみませんか?

キャリア、起業、収入、生き方、パートナーシップのご相談を受け付けています。
いただいたご質問はブログでご紹介させていただきます。

パソコンの方は
こちらのQRコードを読み取っていただければ
お友達に追加できます。

line@gr

スマホの方は以下のアイコンをクリックして
お友達に追加してくださいね。

LINE_icon02

 

スポンサーリンク